ブラックリストに関する悩み

携帯電話のブラックリストはいつ消える?再契約できないキャリアもある

ブラックリストは5年で消える

携帯電話料金のブラックリストには下記2種類あります。
それぞれのブラックリストによって消える期間が違うので、どちらに該当するか確認してみてください。

1、携帯電話の利用料を払っていないブラックリスト
2、携帯電話の端末代金を払っていないブラックリスト

それぞれ違うのでここからは個別に説明していきます。

スポンサードリンク

1、携帯電話の利用料を払っていない場合

携帯電話の端末代金は一括又は完済しており、毎月の利用料を払っていない場合は、料金不払いとして「電気通信事業者協会」のブラックリストに載ります。

この場合、利用料を完納すればキャリア変更や新規契約は可能となります。

ブラックリストは、完納した日から5年間記録されますが、完納していればなんら不都合はありません。

2、携帯電話の端末代金を払っていない場合

携帯電話の料金内訳の中には端末代金の分割払いが含まれていることがあります。携帯電話料金の滞納のほとんどがこちらのケースです。

携帯電話の端末代金を払っていない場合は、信用情報機関のブラックリストに載ります。

この場合、端末代金を完納しても他のキャリアでも分割購入はできなくなり、かつ、いろんなところに弊害がでてきます。

ブラックリストは、完納した日から5年間記録されます。この間は世の中にあるローンすべて通らないと思ってください。

再契約できないキャリアもある

2ヶ月超の滞納が続くと、携帯電話会社は契約を強制解約します。強制解約になってしまうと、不払い分を全額払ったとしても基本的に再契約は行わないことになっているキャリアや、再契約をするには預託金が5~10万円必要というところもあります。

とっても怖いブラックリストの弊害

ここでご説明するのは、携帯電話の端末代金を払っていない場合の、信用情報機関のブラックリストに記録されてしまったケースです。

延滞期間が61日を超えると信用情報機関に延滞情報が記録されます。この情報は完納した日から5年間記録され続けることになります。

それではこのブラックリストに記録されてしまった場合のいろんな弊害について説明していきます。

携帯電話は分割では購入できなくなる

ブラックリストに記録されてしまうと、携帯電話会社だけではなく電気屋さんなどでも分割購入はできなくなります。

滞納している端末代金を完納した日から5年を経過すれば、分割購入はできるようになりますが、この間は携帯電話の機種変更をしないか又は新しい機種にしたければ一括購入するしかありません。

ローンの審査は通らない

ブラックリストの弊害はここからです。携帯電話の端末が分割で購入できなくなるだけではなく、あらゆるローンは審査が通らなくなります。

住宅ローンや車のローン。教育ローンなども含まれます。消費者金融のカードローンも同様に審査は通らなくなります。

これも完納した日から5年を経過すれば、ローンの審査も通るようになります。(その時の収入状況などにもよります。)

スポンサードリンク

クレジットカードの審査は通らない

ローンだけではなく、クレジットカードの審査も通らなくなります。クレジットカードについては、カード会社が定期的に行う信用情報調査があり、それに当たってしまうと現在利用しているクレジットカードも利用ができなくなるケースもあります。

これも完納した日から5年を経過すれば、クレジットカードの審査も通るようになりますが、クレジットカードを利用していない空白期間があるため、年齢によっては不審がられて否決原因になることもあります。

保証人になれない

若ければ借金の保証人になることは少ないかもしれませんが、ブラックリストになると夫婦間でも保証人になれなくなります。

知人や親、子などから保証人を頼まれることがあっても、ブラックリストになったことが原因で保証人を変更してくれと言われることがあります。

スポンサードリンク

携帯電話のブラックリスト:”よくある質問紹介”

携帯電話のブラックリストに関するよくある質問をご紹介していきます。
詳細内容についてはリンク先の記事で詳しく紹介しておりますので、気になる記事がありましたらお読みください。

携帯電話の再契約に関するよくある質問

携帯代金滞納で強制解約になりました。ブラックリストの場合、携帯電話の再契約は5年経たないとできませんか?

強制解約になると携帯会社間でこの情報を共有することになっており、未払いがある状態では他の携帯会社でも契約できないようになっています。

当然ですが強制解約された携帯電話会社では回線契約はできませんので、ほかの携帯会社で契約することになります。

またドコモさんについては、契約する際に預託金(5~10万円ほど)を要求される場合があるので注意してください。

ピックアップ記事

  1. 借金を踏み倒した後、銀行でフリーローンを借りることができました。あとで一括返済を…
  2. クレジットカード会社から減額和解の提案書が届きました。回答書を返送すれば大丈夫で…
  3. 奨学金滞納でブラックリストです。住宅ローンは必ず連帯保証人が必要ですか?
  4. ブラックでクレジットカードが作れないと思っている人。この方法は試してみた???
  5. 住民票を移したタイミングで消費者金融から「給与の差し押さえの強制執行」の催告書が…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. カードローンに関する悩み

    消費者金融で110万円の借入。この状況で内装等のリフォームローンは組めますか?
  2. カードローンに関する悩み

    カードローン一括返済したつもりが1社漏れていた・・・7年経って裁判所から通知が!…
  3. 未分類

    旦那のポケットから「アコム」と書いた利用明細票が出てきました!!これってアコムか…
  4. ブラックリストに関する悩み

    消費者金融滞納でブラックリストです。大手企業から内定をもらったのですが信用調査で…
  5. ブラックリストに関する悩み

    夫がサラ金から借金。借りれなくする方法orわざとブラックにする方法はありますか?…
PAGE TOP