返済できない時の対処法

住民票を移したタイミングで消費者金融から「給与の差し押さえの強制執行」の催告書が届いた

質問:消費者金融から給与差し押さえの執行文が届きました

15数年前に、消費者金融より借り入れて支払いはしていたのですが、退職し支払いが困難になり裁判所を通じて和解が成立していましたが、なかなか職に恵まれずに支払いができないことを伝えることができませんでした。
地元を離れ、数県にわたり仕事で生活をしてました。

今回、バイト先にて正社員としての雇用していただくようになり、やっと安定した生活を迎えようとしています。

新生活のため、住民票を移した住所に、消費者金融より催告書が届き、内容を確認したところ、期日迄に一括返済する旨が記載されてました。
返済がない場合、給与の差押の強制執行ともあり、どうしたらよいのか不安になってます。

参考:消費者金融の借金を10年放置(延滞)していたら、強制執行文が届きました。この状態で債務整理できますか?

スポンサードリンク

回答:任意整理や破産の手続きを検討されたほうがよいでしょう

弁護士に相談の上、任意整理や破産等の手続きを検討されるのが良いと思います。

裁判上で和解したとのことですが、その和解金の支払いについて、仮に最終弁済日より10年以上経過していれば、消滅時効を援用することも考えられます。

参考:借金の時効は援用手続きをしないと成立しない!手続きを忘れてませんか?

給与の差押えは手取り金額の4分の1までしかできません。
怖いのは強制執行で、給与の口座を押さえられてしまうことです。

給与は生活に必要なものなので4分の1までしか差押えできない決まりになっています。
しかし、一旦、銀行口座に入ってしまったものは財産になるので、全額差押えが可能です。

これ、前に私がやられたことがある経験談です。

強制執行で差し押さえると言っても、あなたのすべての口座を知ってるわけがありません。(ちなみに税務署や市役所は、口座を調べることができます。)

この住んでる地域や職場付近の銀行に口座を持っているだろうという目星をつけて、裁判所に差押え許可を申請するのです。
逆にいうと、それ以外の銀行はノーマークだということです。

参考:カードローン・借金の督促状を無視するとどうなる?無視レベルごとに解説します。
参考:カードローン地獄を抜け出す方法!!カードローンは依存症という病気です。
参考:借金返済に追われて、税金滞納し督促状を無視し続けたら、給料日に口座全額差し押さえられました

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 実家の土地建物を所有しています。ブラックリストですが不動産担保でお金を借りられる…
  2. カードローンの借金を延滞し、督促を無視し続けたら簡易裁判所から「特別送達」が届き…
  3. まだブラックリストなのに借金をし、かつ遅延しました。この場合のブラックリストから…
  4. 絶対にやってはいけない「おまとめローン」❘多重債務者を破滅に追い込む借金スパイラ…
  5. クレカ2万円の遅延のブラックリストが原因で完済から7年経ってもクレジットカードが…

関連記事

  1. カードローン地獄を抜け出す方法

    おまとめローンの審査落ちた人。リスケジュールを検討してみては?

    おまとめローンの審査に落ちたら、次なる手段はリスケジュール?リ…

  2. クレジットカードに関する悩み

    消費者金融を踏み倒しするとどうなる?時効は?信用情報は?ブラックリスト?

    借金を踏み倒しすると督促状などの書類や電話はどうなるのか?消費…

  3. 返済できない時の対処法

    今月返済できない!!消費者金融から督促状が来たら?

    焦ることはありません。消費者金融は、昔と違…

  4. 返済できない時の対処法

    裁判所からの身も凍る手紙「債権差押え命令」

    ■質問旦那の借金問題についてご相談させて下さい。ここか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

オススメの記事

  1. ブラックリストに関する悩み

    奨学金滞納でブラックリストです。住宅ローンは必ず連帯保証人が必要ですか?
  2. ブラックリストに関する悩み

    夫婦どちらもブラックリストの場合、ブラックリストでもアパートは借りれるのか?
  3. カードローンに関する悩み

    携帯電話料金のブラックリストはいつ消える?再契約できないこともある
  4. 借金の時効に関する悩み

    借金の時効は援用手続きをしないと時効は成立しない!手続きを忘れてませんか?
  5. 消費者金融の督促に関する記事

    消費者金融の督促(催促)は、3つのステップで取り立てが進む
PAGE TOP